【那覇】ガイド本には載っていない魅力をPR-。那覇市はこのほど、平和通りなどマチグヮー(商店街)の魅力を観光客らに発信しようと、牧志公設市場1階に案内所を設置した。市がマチグヮーに特化した案内所を設けるのは初めて。期間は4月1日から来年3月31日の1年間。

まちぐゎー案内所をPRする案内員の我喜屋千夏さん=8日、那覇市牧志

 案内所は、多目的トイレや授乳室も併設。案内員が老舗店舗や新規出店の情報、細かい路地の道案内をしながら独特の魅力を伝える。設置期間中は年中無休で午前9時~午後8時まで対応している。

 市なはまちなか振興課の糸洲藍子さんは「マチグヮーを訪れる人が利用しやすい地域となることが地域活性化につながる。周辺通り会とも連携し、地域に根差した案内所を目指したい」と設置の意義を説明した。

 案内員の我喜屋千夏さん(23)は「観光客から『ペットと宿泊できるホテルを探してほしい』などの問い合わせもあった。対応できることなら、きめ細かく案内するので気軽に立ち寄ってほしい」と話した。