【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画で、沖縄防衛局は14日までに、移設工事に伴い資材置き場として使う辺野古漁港の使用許可など計6項目を市に申請した。申請は11日付。防衛局は5月12日までの回答を求めている。稲嶺進市長は14日、防衛局側が11日夕、市に事前連絡や調整、説明もなく申請書類を置いていったと説明し「アセスの申請と同様、やり方が相変わらず強引だ。国の事業だからと、押し付けている感さえある」と批判。申請への回答を慎重に検討する考えを示した。

 申請があったのは、市長の許可項目1件、市との協議項目3件、意見照会2件。漁港の使用許可のほか、(1)辺野古漁港区域内での環境調査での協議(2)辺野古ダム周辺の環境調査での協議(3)米軍キャンプ・シュワブ内水路の切り替えと土砂運搬用ベルトコンベヤー設置の協議(4)シュワブ内の埋蔵文化財の有無に関する照会(5)県への岩礁破砕などの許可申請に伴う市長意見の照会-。

 防衛局は「法令や、市と県の条例に基づいた対応」としている。

 防衛省は移設工事で1月以降、今月14日までに13件の業務の入札を公告。同日までに契約済みが8件で、3件が契約手続き中、2件は応札者なしの不成立となっている。