江藤大喜の強打か、戸部洋平の技術か-。注目された日本スーパーフライ級王座決定戦で、江藤大は初回から、戸部の左ジャブに主導権を奪われ、終始劣勢に回った。9回、打ち合いを仕掛けたが、強烈な左フックを浴びてダウンし、レフェリーが試合を止めた。