【石垣】川平湾でグラスボートを運航する「川平マリンサービス」(高嶺良晴社長)は石垣市の補助を受けてリチウムイオン電池が動力源の電気推進船(EV船)を導入し、14日、関係者を招いて就航式を開いた。海上運航のEV船は日本初。排ガスやエンジン音がなく、環境保全に優れており、市は助成事業を継続する方針。

リチウムイオン電池が動力源のEV船「ちゅらら」=石垣市川平

 グラスボートEV船「ちゅらら」(4・8トン、定員22人)は、市の一括交付金事業「青と緑の再生プロジェクト」から600万円の補助を受け、開発費など約3千万円で導入。

 動力源を研究開発した東京海洋大学の大出剛客員教授は「市販の電気自動車と同程度の電池を搭載。空気の800倍に上る水の抵抗の中、進むパワーや制御効率を研究し、日本初のEV船を実現できた」と語った。

 4月下旬から同社のグラスボート遊覧で乗船できる。急速充電設備が整備されるまで、当面は1日6回程度の運航となる。

 式典では高嶺社長が「自然に優しい観光地づくりに貢献したい」とあいさつし、中山義隆市長らとテープカット。関係者をEV船に招き、静音の中で海中遊覧を披露した。