【久米島】任期満了に伴う久米島町長選挙が15日、告示され、前副町長で新人の大田治雄氏(58)=無所属=のほかに立候補の届け出がなく、無投票当選が決まった。

大田治雄氏

 大田氏は「人口減少が続く現状に歯止めをかけたい。海洋深層水を複合利用した地場産業を創出し、関連企業を誘致するなど、若者の雇用の場をつくる取り組みに力を入れる」と抱負を語った。

 大田治雄氏(おおた・はるお) 1955年生まれ、旧具志川村出身。77年、茨城県の鯉渕学園卒業後、同村役場に入り、2007年から副町長を務めていた。