【東京】下村博文文部科学相は15日の記者会見で、採択した教科書の変更を求める国の是正要求に応じないことを決めた竹富町の慶田盛安三教育長を文科省に呼び、直接報告を求めることを明らかにした。17日に前川喜平初等中等教育局長が文科省で面会する。違法確認訴訟については下村氏は「町教委の方針を確認してできるだけ早く判断したい」と述べ、訴訟の可能性を否定しなかった。

 国の是正要求に対し竹富町は教科書変更に応じず、2014年度も篤志家の寄付で購入した東京書籍版を使用している。今月11日には教科書採択をめぐる法の適否を審査する第三者機関「国地方係争処理委員会」への審査申し立てをしないことも決めた。

 町の対応に、下村氏はこれまで「法律を順守すべき行政機関としてあるまじきこと。直ちに文科省に対応を報告すべきだ」と非難してきた。15日の会見でも「極めて遺憾だ」と批判した。

 一方、慶田盛教育長は「臨時教育委員会で決めた方針を文科省にも伝えないといけないと考えていた。(使用教科書を変更する)是正要求には応じられないが、問題解決に向けた検討を続けると報告したい」と語った。