琉球泡盛の崎山酒造廠(金武町)はこのほど、泡盛をベースにした梅酒の炭酸リキュール「泡に恋して」を発売した。「気軽に、おしゃれに、楽しく飲めるスパークリング梅酒」をコンセプトに、20~30代の若い女性をターゲットに商品開発した。

崎山酒造廠が開発した梅酒のスパークリング泡盛。(左から)黒糖、タンカン、微糖の3種類がある

 黒糖梅酒、タンカン梅酒、微糖梅酒の3種類の味がある。アルコール度数は8%で250ミリリットル480円(税別)。昨年末から試験的に県外出荷を始めており、反応は上々という。初年度1万本の出荷を目指している。

 県の2012年度「泡盛域外出荷拡大企業支援事業」に採択され、開発に取り組んだ。若い世代のアルコール離れなどで酒類市場が縮小する中、普段泡盛を飲まない層に新しい飲み方を提案しようと、カクテルレシピブックの製作と併せて事業を計画した。

 同社の崎山淳子専務は「スパークリング泡盛を一つの切り口に、泡盛自体の浸透につなげていきたい」と話した。