県内観光卸業最大手の南西産業(豊見城市、畠中敏成社長)と菓子メーカー大手の不二家(東京都、櫻井康文社長)が共同で開発した「黒みつミルキー」が16日、沖縄限定で発売された。北海道産れん乳を使ったミルキーに、県産黒みつを加えた。パッケージに紅型衣装を着けたペコちゃんが描かれている。那覇空港や国際通り、リゾートホテルなどの土産品店で販売している。

沖縄限定の「ミルキー(沖縄黒みつ)」発売の発表会にペコちゃんとこじか保育園の園児らが駆けつけた=16日、県庁

 商品名は「ミルキー(沖縄黒みつ)」。県内製造の黒みつを100%(全重量中1%)使った。不二家の担当者は「黒みつのコクとれん乳のまろやかさが好相性。沖縄の地域発展の一助となれば」と期待した。地域限定のミルキー商品は、京都の抹茶や栃木のいちご(とちおとめ)などと合わせて7品目。

 16日、県庁であった会見にはキャラクターのペコちゃんと、那覇市内のこじか保育園の園児18人が駆けつけて新商品をアピールした。