仲井真弘多知事の埋め立て承認を対象にした取り消し訴訟が16日始まった。県は、訴えを門前払いさせようと、入り口論に集中。国が事業主体となる公有水面の埋め立てに県は実質的な裁量がなく、承認は訴訟の対象にならないと反論した。