【久米島】電気の力で走るEVバス「ガージュ号」の実証運行が11日から始まった。久米島町内では海洋温度差発電や電気自動車の自動走行システムの実証実験を進めており、電気バスの動力も自然エネルギーでまかなう循環型社会に期待が高まっている。

EVバス「ガージュ号」実証運行開始式でテープカットする平良朝幸町長(左から2人目)と県環境部當間秀史部長(同3人目)=仲里庁舎

 EVバス(いすゞ製)は、昨年県が実証運用した50人乗り1台を町が譲り受けた。統廃合で通学が遠くなった生徒の送迎などで使い、実証事業を引き継ぐ。

 運行開始式が仲里庁舎であり、平良朝幸町長は「将来的には電気バスの動力も海洋温度差発電、風力発電などの再生可能エネルギーを使うことで久米島に残されたすばらしい環境の保全に一役を担う」と期待した。(比嘉正明通信員)