【宮古島】「アリガトウ30回」-。20日開催の全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)を前に、市内の交差点などでフラワーボードが設置された。市役所平良庁舎近くの交差点では「ワイドー(がんばれ)」ではなく、ヒポエステスやサルビアなど約4千鉢で感謝の言葉を伝える。

市職員が市民らに向け「感謝」の思いを込めたフラワーボード=宮古島市平良西里

 大会実行委事務局の市職員らが種植えし、育ててきた。1985年に始まった大会は運営に多くのボランティア、市民が関わり、選手を応援してきた。

 市の担当者は「素人なので鉢植えの育ちはあまりよくないかもしれないが、心から『ありがとう』を伝えたい」と市民や関係者へ感謝の思いをボードに込めたという。