琉球紅型、首里織と吉田(東京、吉田輝幸社長)の人気ブランド「ポーター」が共同開発したバッグが誕生した。リウボウインダストリー(那覇市、糸数剛一社長)がリニューアルオープンの第1弾として企画し、18~28日の11日間、デパート・リウボウ1階のイベントコーナーで限定販売する。17日に記者会見した糸数社長は「沖縄初の付加価値が高い商品。ぜひ手に取ってほしい。今後も新しい提案を展開する」とPRした。

琉球紅型・首里織とポーターが共同開発したバッグを披露する糸数社長(左から2人目)ら=17日、デパート・リウボウ

紅型ミニトートバッグ(右側)と首里織キャンパストート

琉球紅型・首里織とポーターが共同開発したバッグを披露する糸数社長(左から2人目)ら=17日、デパート・リウボウ 紅型ミニトートバッグ(右側)と首里織キャンパストート

 商品は、紅型ミニトートバッグが2種で各50個、首里織キャンパストートが3種で各35個の計205個。30~40代をターゲット層にする。

 ミニトートは幅27センチ、高さ21センチ、奥行き10センチ。表が青地で内側が黄色の紅型と、表が緑地で内側が白色の紅型の2種類。価格は税込みで2万7千円。琉球びんがた事業協同組合の屋富祖幸子理事長は「王族のみが許されていた黄色や柄を使用した。王朝文化の立派な遺産があることを伝えたい」と説明した。

 キャンパストートは幅31・5センチ、高さ37センチ、奥行き14センチ。白地に首里道屯織が施され、赤・黄・青の1本線がそれぞれ入った3種類。価格は税込み1万7280円。那覇伝統織物事業協同組合の安座間美佐子理事長は「伝統工芸は飾り物ではなく日常生活で使えるもの、という意識を広げたい」と話した。

 バッグは「伝統工芸品を自分使いする」をコンセプトに、リウボウと広告代理店のビービーディオー・ジェイ・ウェスト(福岡)が合同で企画した。

 吉田経営企画室の桑畑晃室長は「『日本の職人を絶やさない』が会社の精神。伝統工芸が減る中、若い人や国内外の観光客に見てもらういい機会だ」と話した。