【沖縄】20日告示・27日投開票の沖縄市長選に立候補を予定する革新・中道系無所属の新人で前副市長の島袋芳敬氏(64)=写真中央、社民・共産・社大・生活推薦=の総決起大会が18日、沖縄市民会館で開かれた。島袋氏は「沖縄市の発展、進化が私の政策」と述べ、中心市街地活性化や青年エイサー会館の建設など東門市政で着手した政策の発展を強調。市民との対話で街づくりを進める決意を示し「皆と心一つに素晴らしい沖縄市にしたい」と勝利を誓った。

勝利に向けてガンバロー三唱で気勢を上げる島袋芳敬氏(中央)=沖縄市民会館

 また「基地が沖縄市の発展の阻害要因になっている」とも指摘し、辺野古移設に反対する姿勢をあらためて強調した。

 東門美津子市長は島袋氏の行政手腕を高く評価し、「島袋さん以外に市長としてリードしていく人はいない」と激励。かりゆしグループの平良朝敬CEOは「リーダーはビジョンを示すのが大事」と市長選の立候補予定者は辺野古移設への是非を明らかにするべきだとして「辺野古移設に反対する島袋さんに勝ってもらおう」と呼び掛けた。

 元県議会議長の仲里利信氏も登壇し、オール沖縄の再結集に向け「島袋氏を勝利させよう」と訴えた。