国内シニアゴルフの今季開幕戦、金秀シニア沖縄オープン第1日は18日、名護市の喜瀬CC(シニア6881ヤード、スーパーシニア6346ヤード、パー72)で行われた。大会2連覇を狙う崎山武志が8アンダーの64で回り、単独首位に立った。3打差の2位には池内信治、伊藤正己、G・マイヤーら3人が並んだ。

 県勢では、友利勝良が1オーバーで35位。3オーバーの56位に比嘉勉が入り、川上典一は5オーバーの67位で初日を終えた。

 アマチュアでは、高安覚が3オーバーの56位で最高位につけた。

 決勝ラウンドは19日、同CCで行われる。