竹富町教育委員会の慶田盛安三教育長は18日午前、諸見里明県教育長と県庁で会談し、17日に文科省の前川喜平初等中等教育局長と面談した内容を報告した上で、単独の採択地区への変更をあらためて要望。諸見里県教育長は、町教委の意向を尊重することを伝えた。

 慶田盛教育長は「個人的見解」とした上で、文科省が提言した東京書籍版の副教材使用について「子どもたちに提供する教科書の中身が問題であり、育鵬社を1度採択するやり方は、ごまかすようで厳しい」との見解を伝えた。