県内で飲食チェーンを展開する徳慶(北谷町、小渡勝也社長)が、那覇市おもろまちのDFSギャラリア沖縄3階にカフェ「パインツリーブレス」を出店する。同スペースは、昨年6月までグローバルダイニング(東京)が「フードコロシアム」を展開しており、県内企業の出店は初めて。

 同社は「観光客やビジネス客など幅広い層の獲得を狙いたい」としている。オープンは26日。

 パインツリーブレスは、銘苅店、久茂地店に続き今回で3店舗目。DFSギャラリア店ではカフェ&レストランとラウンジ&バー2エリアを運営し、店内とテラス合わせて約300席となる。

 小渡社長は「観光客だけでなく県内の人が普段使いできる空間にしたい。モノレールを使い仕事帰りの方にも気軽に利用してほしい」とPRした。

 メニューは、県産豚のハンバーグや県産野菜の沖縄サラダ、ジーマーミーのパフェなどのほか、名物メニューのスープカレーなども提供。県内では珍しい0度以下に冷やしたビールやシャンパンなどもそろえる。

 同社は2002年創立。パインツリーブレスのほか、焼き肉チェーンの焼肉五苑7店舗、夢丸4店舗を展開している。