1-1で迎えた八回表2死から、糸満は3番池間誉人のソロ本塁打で勝ち越し、勝利は目前だった。 しかしその裏、まさかの2連続送球ミスで同点とされた後、創成館の中軸に決勝打を許した。 上原忠監督は「信じられないミスの連鎖。心の弱さが出て、切り替えができていなかった」とショックの色を隠せなかった。