糸満先発メンバー唯一の2年生池間誉人が、一時は逆転となるソロ本塁打でチームを鼓舞した。 八回表2死走者なしで打席に入った3番池間は「監督にも『思い切り行け』と言われていた」と初球からバットを振り抜いた。 3球目、甘く入ったストレートをはじき返すと打球は右翼フェンスを越えた。