【沖縄】任期満了に伴う沖縄市長選が20日告示され、保守系無所属の新人で前県議の桑江朝千夫氏(58)=自民・公明推薦、そうぞう・維新・民主支持=と、革新・中道系無所属の新人で前副市長の島袋芳敬氏(64)=社民・共産・社大・生活推薦=が立候補を届け出た。桑江氏は安倍政権とのパイプや「沖縄市復活」を前面に掲げ、島袋氏は「市民主権の街づくり」と東門市政の継承・発展を訴え、対決姿勢を鮮明にした。11月に想定される県知事選を見据え、名護、石垣両市長選に続く前哨戦として市内外の関心は高く、両陣営の総力戦が展開される。投開票日は27日。

出発式で支持を訴える島袋芳敬氏(左)桑江朝千夫氏(右)

 出発式で、桑江氏は「革新市政の刷新」を主張。「米軍基地の被害を受け続けてきたからこそ日本一幸せな街にしたい」と述べ「沖縄市復活」に向けた経済政策の実現に意欲を示した。

 島袋氏は嘉手納基地の機能強化や普天間飛行場の辺野古移設に反対する姿勢を強調。市民との対話で街づくりを進め「福祉、教育を前面に、沖縄一の福祉の街づくりをする」と訴えた。

 桑江氏を支援する自民党は知名度の高い政治家や、沖縄の経済団体と関係の深い国会議員を続々と投入。「国政選挙並み」(関係者)の対応で、桑江氏勝利に向けて力を入れる。

 一方、島袋氏を支援する革新・中道系政党は「政府、自民対沖縄市民の戦い」と位置付ける。辺野古移設問題への政府対応を争点化することで、支持の拡大を目指している。

 沖縄市の選挙人名簿登録者数は19日現在、10万3178人(男性4万8976人、女性5万4202人)。

 桑江朝千夫氏(くわえ・さちお) 1956年生まれ。沖縄市住吉出身。日本大法学部卒。94年沖縄市議に初当選し、3期務めた。2008年から県議、2期目途中の3月に辞職。

 島袋芳敬氏(しまぶくろ・よしのり) 1950年生まれ。本部町瀬底出身。沖縄国際大経済学科卒。74年沖縄市採用。2004年総務部長。06年から助役、副市長を務め2月に辞職。