サッカーJ3で7位のFC琉球は20日、沖縄市陸上競技場で首位のFC町田ゼルビアと対戦し、1-7で敗れた。大差での敗北に薩川了洋監督は「戦う姿勢、技術、能力と全てで負けていた」と完敗を認めた。琉球の通算成績は、2勝3敗2分けで、順位は8位となった。