[解説]県の2013年度の入域観光客数が過去最高の658万300人に達した。県は円安の継続や航空路線の拡充で、消費増税後も沖縄旅行に対する国内外の需要は引き続き安定するとの強気の読みから、14年度の目標を670万~680万人で検討する。