沖縄は、都道府県別10万人当たりのネイルサロンの件数が東京に次いで2番目に多い(2010年、NTTタウンページデータベース調べ)。背景には、資格も届け出もいらず、主婦が育児をしながら手軽に自宅で開業できることや、戦後、美容師など手に職を得た沖縄の女性たちが、米兵やその家族にネイルを施してきた長い歴史がある。激安競争に突入している沖縄ネイルサロン界の実態、ネイルのプロを目指し技を磨く10代の今を追った。(與那覇里子)

プロのネイリストを目指して技を磨く10代の学生=那覇市

続きは女性向けウェブマガジン「W」で

 続きは、電子新聞「沖縄タイムス+プラス」で22日から始まった女性向けウェブマガジン「W(ダブル)」で読むことができます。URLはhttp://www.okinawatimes.co.jp/w/