美里工は一回、先発した長嶺飛翔が四球、失策も絡んで5失点と持ちこたえられなかった。救援したエース伊波友和も、最初の打者に中越え3点本塁打を浴び、七回コールドで姿を消した。 「フォーム自体は良いが、制球が安定していなかった」と肩を落とす長嶺。