バレーボールの平安杯第59回全九州総合選手権兼第69回国体選手選考高校県予選最終日は21日、那覇市民体育館で4強による決勝リーグの残りを行い、男女ともに西原が頂点に立った。

 男子は2勝同士の美里工業との直接対決で、各セット終盤の競り合いを制し、2-0のストレート勝ちで5連覇を達成。女子も決勝リーグ3戦全勝で、4年連続の栄冠に輝いた。

 男女の上位2校は、5月の九州総合選手権(宮崎)に派遣される。