龍賓沖縄書道会会長で、沖展会員の大城碧濤さん(75)の書作展が23日、那覇市久茂地のタイムスギャラリーで始まる。「線への挑戦」をテーマに、1年で書き上げた80点を展示する。27日までで、入場無料。

展示された作品の筆致などを説明する大城碧濤さん=22日、那覇市久茂地・タイムスギャラリー

 書の道50年を超える大城さんにとって2度目の個展。展示作品に「たがやしてみのりをまつ」とある通り、集大成にしたいとの思いを込めた。

 書体も題材もさまざまで、一人の筆とは思えない幅がある。大城さんは「かすれたり、飛んだり、にじんだり。線の響きを見てほしい」と語った。