【東京】諸見里明県教育長は22日、文部科学省で前川喜平初等中等教育局長と面会し、教科書採択で竹富町が単独地区となった場合、八重山の3市町に「共同研究」を提案する意向を伝えた。調査研究の質を確保するのが目的で、採択も別々にできる。前川局長も法的には問題ないとの認識を示したという。文科省はこれまで「町だけでは十分な教科書研究ができない」として竹富の地区離脱に反対していた。

前川喜平初等中等教育局長(左から2人目)から竹富町の指導を求められる諸見里明県教育長(左端)=22日、文部科学省

 この日は、八重山の採択地区再編に関する県の意向を聞くために、文科省が諸見里教育長を呼んだ。

 面会の冒頭、前川局長は竹富が是正要求に従うよう県による指導を要求。(1)教科書の調査研究がしっかりできる(2)地理的、社会的、文化的な条件を踏まえるべき-との2条件を挙げ、八重山地区は一体だとの従来の考えを主張した。

 これに対し諸見里教育長は面会後の会見で、竹富が地区から離脱後も、石垣・与那国と合わせた3市町で共同研究する案を示したことを明らかにした。前川局長は「法的にできなくはない」と述べたという。諸見里教育長は今後、3市町に提案する。

 また、竹富から分離の要望があれば「早急にやりたい」とも述べ、5月21日の県教委の定例会で地区再編を決める方針を表明。必要であれば県の調査研究結果も提供するとし、単独地区となった竹富町を県が支援する意向も明かした。さらに、現在竹富町が使用している中学公民教科書は、単独化後に採択をし直せば国が主張する「違法状態」も解消できるとし、文科省に「違法確認訴訟は起こさないでほしい」と求めた。