琉球銀行の新入行員向け新聞講座が23日、那覇市のりゅうぎん健保会館であった。グループワークでは記事の要約や自身の感想を伝え合い、互いの着眼点の違いや自分の考えを相手に伝える表現力の重要さを体感した。

選んだ記事の要約と意見を紹介し合う新入行員=23日、那覇市・りゅうぎん健保会館

 総合職の40人が参加する研修の一環。沖縄タイムス社編集局整理部の具志堅学記者が見出しを頼りに効率的に新聞を読む方法を伝えた。5分間で全ページの見出しだけを読むワークショップでは、環太平洋連携協定(TPP)交渉や労働時間制限の緩和など各自が気になった記事を選び、グループで意見交換した。

 比嘉雅海さん(22)は「みんな選ぶ記事が違っていて面白かった。同僚が記事の要点をつかんで説明しているのを聞いて、お客さまと話すときは表現力が大事だと思った」と話した。

 神里彩香さん(23)は「5分や10分で全部の見出しが読めるという目安が分かった。家では父が読む時間が長いので、時間を決めて貸してもらって読みたい」と話した。