3番手でマウンドに上がった眞榮城健が、粘りの投球で3回1/3を4安打無失点に抑えた。 一回の攻撃で、バントした先発投手の久保柊人の右手にボールが当たるアクシデント。その裏、久保は先頭打者を抑えたところで降板し、神里廣之介を挟んで、二回2死一、二塁から眞榮城が登板した。