【名護】市の東海岸に位置する集落の井泉(カー)に、希少種のミズオオバコが花を咲かせた=写真。葉はオオバコに似ているが別種。水面から出た茎に、薄紫のかれんな花をつけている。かつては雑草扱いされたほどだったが、水田の整備や稲作の減少に伴い環境省と県のレッドデータブックでは絶滅危惧2種に。八重山では「タークブ(田昆布)」と呼び食用にもなった。

水面から顔を出したミズオオバコの花=名護市東海岸

 専門家によると、本島北部でミズオオバコが見られるのはこのポイントだけ。「終戦直後は難民の収容地となり、命をつないだ井泉でもある。大事に育ててほしい」と話している。