大型連休に合わせ、沖縄から福島空港への観光団体客を乗せたチャーター便が25日、到着した。チャーター便は、日本航空グループの日本トランスオーシャン航空が、28日までの間に那覇-福島の4往復8便を運航。ツアー客は2泊3日の日程で、福島のほか東北各地を回る。

沖縄からのチャーター便で福島空港に到着した観光客=25日午前

 到着した約120人に、県の担当者らが観光ガイドや記念品を配り歓迎。友人2人と会津若松市の鶴ケ城に行くツアーに参加した北谷町の照屋英美子さん(64)は「東北は初めて。沖縄とは違う桜を見るのが楽しみです」と話した。

 福島と沖縄を結ぶ定期便は、東日本大震災前の2009年に廃止された。日航側はチャーター便の利用状況を踏まえ、検討する考えを示している。