沖縄尚学のエース山城大智は、満身創痍(そうい)のチーム状況を力に変えた。序盤に4失点したが配球を組み立て直し、四回以降は追加点を許さなかった。 決勝までの3試合で14回1/3を投げ、無失点で切り抜けてきた。しかしこの日、課題の立ち上がりを攻め込まれて4安打を浴び、2失点と苦しいスタート。