2年生の中村将己は今大会リードオフマンとして先発し、決勝でも2安打と役目を果たした。二塁手が主だが、準決勝で足を痛めた砂川修の代わりに、この日は遊撃手に入った。 入学当初はショートだったいう。「プレッシャーもあったが、楽しくできた。常に自分の所に飛んでこい、と思っていた」。