【熊本で勝浦大輔】高校野球の春季九州大会(第134回大会)最終日は25日、熊本県の藤崎台県営球場で決勝を行い、沖縄尚学が創成館(長崎)に5-4で勝ち、昨秋から2季連続、通算4度目の優勝を果たした。県勢の2季連続制覇は、1997年秋と翌春を制した沖縄水産以来で2度目。

優勝旗を先頭に、ダイヤモンドを一周する沖尚ナイン=日午後、熊本県・藤崎台県営球場(勝浦大輔撮影)

 沖尚は0-4とリードされた四回、渕上大蔵の適時打などで4点を返して同点に。七回には赤嶺拓が決勝打となる中越え二塁打を放ち、5-4と勝ち越した。

 先発の山城大智は三回までに4失点したが、その後は立ち直り、完投した。