県土地開発公社は25日、那覇市旭町に完成した新しいビルで落成祝賀会を開いた。上原俊次理事長は「念願の新事務所が完成して非常にうれしい。本年度は豊崎タウン開発と都市モノレール延長整備事業に特に力を入れて取り組む」と抱負を述べた。

県土地開発公社の新事務所=那覇市旭町

 土地開発公社と住宅供給公社の事務局機能を統合する目的で2000年度に用地を取得していた。

 総事業費は約6億6千万円。敷地面積1078平方メートル。建物は5階建てで、太陽光発電の設置など環境に配慮した設計となっている。従業員数は約120人。