県勢3校が出場した高校野球の九州春季大会(第134回大会)は25日、熊本県の藤崎台県営球場で決勝が行われ、沖縄尚学が創成館(長崎)を5-4で破り、昨秋から2季連続、通算4度目の頂点に立った。県勢の2連覇は1997年秋と翌春を制した沖縄水産以来で2度目。沖尚は夏の甲子園出場に向け、大きな弾みをつけた。