【沖縄】任期満了に伴う沖縄市長選が27日、投開票される。保守系無所属の新人で前県議の桑江朝千夫氏(58)=自民・公明推薦、そうぞう・維新・民主支持=と、革新・中道系無所属の新人で前副市長の島袋芳敬氏(64)=社民・共産・社大・生活推薦=の保革一騎打ち。市政の「刷新」か、「継続」か、市民の審判が下される。

打ち上げ式で、支持を訴える桑江朝千夫候補(右)島袋芳敬候補(左)

 桑江氏は国や県とのパイプを生かした財源獲得でサーキット場や多目的アリーナなどを建設し「沖縄市を復活させる」と主張。島袋氏は青年エイサー会館や中心市街地の再開発など歴代の市政で着手した事業を継続し「さらに発展、進化させる」と訴え、経済振興の手法の違いが主な争点となっている。

 26日は市内でそれぞれ打ち上げ式を開き、桑江氏は「沖縄市を沖縄一元気な楽しい街にする」と強調。島袋氏は「市民とともに笑顔輝く沖縄市をつくる」と支持を訴えた。

 投票は27日、市内21カ所で行われ、当落は午後11時ごろに判明する見通し。当日有権者数は10万1122人(男性4万7958人、女性5万3164人)。期日前投票者数は1万1548人で前回市長選の約1・7倍となった。当日有権者数に占める割合は11・4%。

 桑江朝千夫氏(くわえ・さちお) 1956年生まれ。沖縄市住吉出身。日本大法学部卒。94年沖縄市議に初当選し、3期務めた。2008年から県議、2期目途中の3月に辞職。

 島袋芳敬氏(しまぶくろ・よしのり) 1950年生まれ。本部町瀬底出身。沖縄国際大経済学科卒。74年沖縄市採用。2004年総務部長。06年から助役、副市長を務め2月に辞職。