男子は入学して間もないノーシードの仲里徳晃・仲原英悟組(北部農林)が躍進した。 決勝は第2シードの新垣昌史・翁長廉組(名護)から2ゲームを先取して波に乗った。追いつかれた後も前衛の仲原、後衛の仲里がそれぞれの役割を果たし、4-2で振り切った。