ラグビーの第1回県高校7人制大会最終日は26日、県総合運動公園ラグビー場で各グループの決勝リーグが行われた。優勝を決める1位グループ1勝同士の対戦では、名護が5トライを奪い、31-10でコザを破って初代県王者になった。

 名護は前半1分、大城亨介のトライで先制。3分に平川聖也、さらに真喜志龍が5、7分と2連続トライを挙げ、試合を優位に進めた。後半1分にも真喜志のトライで追加点。終盤コザに2トライを奪われたが、反撃をかわした。

 名護は、7月18~21日に長野県上田市菅平高原で行われる全国大会への出場権を得た。