今季、「走り勝つラグビー」を掲げる名護が速い展開でトライを重ね、セブンス(7人制)でコザに快勝した。15人制でもしのぎを削るライバル校に対し、大城亨介主将は「当たりでは負けるので、速く外に回すこと」と、バックス勝負の作戦。