プロバスケットボールbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは27日、愛知県の岡崎中央総合公園体育館で浜松・東三河フェニックスと第52戦を行い、78-72で勝利した。今季レギュラーシーズン最終戦を勝利で締めくくった。

 通算成績は43勝9敗で、昨季の42勝(10敗)を上回り、リーグ史上最多勝利数を塗り替えた。

 キングスは各Qで得点が拮抗(きっこう)する接戦を制した。第1Q、幸先良く岸本隆一が3点弾を決めると、金城茂之、ドゥレイロン・バーンズ、小菅直人も3点弾を沈めた。第2Qではマクヘンリーが攻守で存在感を発揮。浜松もニクソン、ディクソンを軸に食らい付き、43-41で前半を折り返した。

 後半は、守備からリズムをつくり、キブエ・トリムがインサイドで得点を重ね、バーンズが内外から射抜いた。

 プレーオフ西地区準決勝は5月10、11の両日、沖縄市体育館で行われる。(観客数3056人)