軟式野球の第4回うるま市長杯中学校選手権大会(主催・中頭地区中学校野球協会、共催・同地区中学校体育連盟、沖縄タイムス社ほか)最終日は27日、石川球場ほかで行われ、決勝は美東が山内に6-1で勝ち、初優勝した。

決勝 美東-山内 特別延長8回表美東無死二、三塁、安里海が右中間ランニング3点本塁打を放ち滑り込む=石川球場(田嶋正雄撮影)

 美東は1-1の同点で迎えた延長八回表に特別ルールの無死満塁から先頭の伊礼希龍が左中間への2点適時二塁打、続く安里海が右中間へのランニング本塁打でさらに3点を追加し、山内を突き放した。

 美東、山内、4強入りした西原東、あげなは、6月の中頭地区総体のシード権を得た。

延長8回に鮮やか5点

 ○…美東が延長八回、無死満塁からの特別ルールで勝負を決めた。伊礼希龍主将が左中間への二塁打でまず2点、さらに安里海が右中間への3点ランニング本塁打と、長打攻勢で鮮やかに5点を挙げた。

 準決勝で投手として西原東を無安打無失点に抑えた安里は、決勝でも六回から登板。失策や暴投絡みで先制点を許したが、最速137キロを誇る直球を主体に七回以降をピシャリ。投打の主役は「チームが取ってくれると思って頑張った」と振り返った。

 2月の地区春季大会では、同じく特別ルールで4強入りを逃し、「もう負けられないと頑張ってきた」(伊礼主将)。富川慎之助監督は「ビハインドから取り返すなど、選手の成長が感じられた」とねぎらった。