沖縄の魅力を「カワイイ」の視点で国内外へ発信する「OKiNAWA KAWAii!!プロジェクト」がスタートした。沖縄公共政策研究所(安里繁信理事長)と、アソビシステム(東京、中川悠介社長)の合同企画で、「KAWAii」文化発信地の東京・原宿と連携し、イベントやオリジナル商品の販売、WEB配信などを通じて、新しい切り口で沖縄を国内外へアピールする。

「OKiNAWA KAWAii!!プロジェクト」を発表した安里繁信理事長(中央)ら=28日、那覇市西、ロワジールホテル那覇

国際通りに設置予定の「OKiNAWA KAWAii!! KOBAN(仮称)」のイメージ図

「OKiNAWA KAWAii!!プロジェクト」を発表した安里繁信理事長(中央)ら=28日、那覇市西、ロワジールホテル那覇
国際通りに設置予定の「OKiNAWA KAWAii!! KOBAN(仮称)」のイメージ図

 28日、那覇市内で記者会見した安里理事長は「『KAWAii』というコンテンツで新しい市場を開拓する。海外観光客を誘致し外貨獲得にもつなげたい」と意欲を語った。

 プロジェクトの主要ターゲットは10~20代の女性や修学旅行生、国内外の観光客など。人気モデルによるファッションショーや情報番組の放送、人材発掘オーディション、海外展示会へのブース出展などを行う。さらに、6月1日には国際通りに観光案内所機能を盛り込んだ「OKiNAWA KAWAii!! KOBAN(仮称)」を設置予定で、観光情報の提供やオリジナル土産品の販売、原宿の人気ブランドを紹介する。

 中川社長は「若者がファッションや歌をもっと好きになるように、沖縄に根付いた『KAWAii文化』を作りたい」と話した。

 沖縄出身の人気モデルUnaさん(22)は「沖縄の米文化は原宿の若者にとって新鮮。発信していきたい」と話した。