【沖縄】27日投開票された沖縄市長選で初当選した桑江朝千夫氏は28日、沖縄タイムスの取材に対し、在沖米軍の基地外禁酒や民間地への出入りを制限するオフリミッツの一部解除の必要性に言及し、米軍側に要請していく考えがあることを明らかにした。

 桑江氏は「オフリミッツによってゲート通りは(客足が減り)シャッターが閉まり始めている。全面解除は難しいが、時間厳守で一部地域限定という形はとれないか。行政だけでなく米軍とも一緒に考えたい」と述べた。

 沖縄市と嘉手納町、北谷町で構成する嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)について桑江氏は「基地の機能強化に反対という立場で連携をとる」としながらも、「経済の面では少し違うかなと思う」と述べ、革新系の2町長とのスタンスの違いを強調した。