【東京】安倍晋三首相とオバマ米大統領の24日の首脳会談後の共同会見で、オバマ氏が尖閣諸島をめぐる日中関係のエスカレートを看過することに「重大な誤りだ」と安倍氏に伝えた、と述べたところを「正しくない」と同時通訳されたまま多数の全国メディアが報じた。

 オバマ氏は「尖閣は日米安全保障条約第5条の適用範囲に含まれている」と、歴代政権と同じ認識を取っていると説明。尖閣をめぐる日中関係の悪化を看過していくことは「profound mistake」(重大な誤り)との表現で、両国間の緊張が増すことへの強い懸念を示し、対話や信頼醸成を通じた解決策が望ましいとの立場を述べた。

 「重大な誤り」との表現について、沖縄国際大学の佐藤学教授(政治学)は「米大統領が一国の首相に直接言うには、相当踏み込んだ表現。『正しくない』よりも明確に間違っていると捉えられる」と指摘。「これ以上、日中間の関係を悪化させないでくれ、という米側の強い思いの表れ」と説明する。

 共同会見を中継したテレビでの同時通訳は、この部分を「正しくない」と訳しているが、首相官邸のホームページで紹介している共同会見の動画では、「非常に好ましくない過ちになる」と訳している。沖縄タイムスが配信を受ける共同通信を含む複数の全国メディアは「正しくない」と報道した。