サッカーJ3で8位のFC琉球は29日、神奈川県ニッパツ三ツ沢球技場で10位のYSCC横浜と対戦し、4―1で快勝した。

 琉球は、開始6分のFW青木翔大の先制ゴールを皮切りに、前半だけで3点を奪ってペースを握った。

 後半6分にもMF藤澤典隆のダメ押し弾で追加点。終盤に1点を失ったが、攻めの姿勢を崩さず、待望の3勝目を挙げた。

 次戦は5月4日、沖縄市陸上競技場で福島ユナイテッドFCと対戦する。