【ロンドン共同】女子マラソンで世界歴代2位の記録を持つロシアのリリア・ショブホワが、ドーピング違反のため同国陸連から2年間の資格停止処分を受けたことが29日、分かった。世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の公式サイトによると、ロシア陸連は2009年10月9日以降の記録を抹消した。

 36歳のショブホワは3連覇を果たした11年シカゴ・マラソンで世界歴代2位の2時間18分20秒をマークし、10年ロンドン・マラソンでも優勝した。12年ロンドン五輪は途中棄権した。