女子読谷は、2年生ピッチャー宮城千夏の好投で、大里を破った。 先発の宮城は、2点のリードをもらった後は、変化球を有効に使い、凡打の山を築いた。捕手の玉田姫乃が「コースをつけば大丈夫」と丁寧なリードで引っ張った。宮城は打っても2打点を挙げて、最優秀選手賞を受賞。