3月の全九州大会を制した与勝が序盤で大量リードを奪い、栄冠に輝いた。 初回の猛攻で試合を決めた。相手のミスから2点を先制すると、2死二、三塁で打席には7番知花優希。「今大会一番のいい当たり」と自画自賛する左越え2点適時二塁打で、チームを勢いづけた。