「決定力不足」が続いていた琉球攻撃陣が奮起し、44日ぶりの白星を挙げた。 開幕3試合で2勝1分けと好スタートの要因は先制点。若手が多く、経験の乏しい新生琉球にとって、勢いをつける最初の1点が、重要だった。 「ゴールハンター」として期待された青木翔大が開幕戦以降は無得点。