1月の新人大会で準優勝、2月の選抜大会は3位と、あと一歩で優勝を逃していた女子宮里が、松島を2-0で下して完勝し、今年初の栄冠を手にした。サーブで得点を重ねる松島に対し「きれいに返そうとせず、レシーブで上に上げればつなげる」と比嘉美夕音主将。2週間前の練習試合での敗戦を糧にした。